「しびれ」との付き合い方

「しびれ」との付き合い方

大事なことは処置を急ぐべき疾患かどうかという判断です。すぐに処置をしなければいけない疾患は稀です。緊急性を要するものは1%くらいです。それが急性の麻痺です。頸髄、胸髄、腰椎、馬尾でもそうなのですが、急性の麻痺は早く処置をしなければ非可逆的になってしまいます。

サイトトップ > 職業からくるしびれの改善方法/p>

スポンサードリンク

「しびれ」との付き合い方

職業からくるしびれの改善方法


振動が続くことによってしびれの障害が現れることがあります。道路工事などで使われている削岩機を使っている人などは強い振動を受けていたり、常に振動を感じている電車の運転士などの交通機関に関係している人など血管運動神経に不具合が生じてしまうのです。


また、キーパンチャー業務についている人は長時間パソコンに向かって同じ作業をしていることが原因で頸肩腕障害に陥る場合が多くあります。頸肩腕障害とは首と肩と腕が痛みに襲われるとともに、しびれや震えの症状が出てしまう事です。


時代の移り変わりとともに職業のあり方も変化し、新たな職業病も見られるようになっているのです。 職業に原因のあるしびれの場合、改善方法は簡単です。 同じ作業を長時間続けることを止めればいいのです。 負担が一か所に集中しないよう、時々姿勢を変えたり休憩をこまめににとるようにしなければなりません。 休憩の際には簡単なストレッチなどで体を動かすなどの工夫が必要です。 特にキーパンチャーなどは一日中体を動かすことなく同じような姿勢で過ごしていることが多い職業です。


肩こりやしびれなどで悩まされている人は、同じ姿勢で長時間過ごすのをやめる努力と適度な運動をすることで改善されるでしょう。


「しびれ」との付き合い方