「しびれ」との付き合い方

「しびれ」との付き合い方

大事なことは処置を急ぐべき疾患かどうかという判断です。すぐに処置をしなければいけない疾患は稀です。緊急性を要するものは1%くらいです。それが急性の麻痺です。頸髄、胸髄、腰椎、馬尾でもそうなのですが、急性の麻痺は早く処置をしなければ非可逆的になってしまいます。

サイトトップ > しびれと共に冷えの症状がある時

スポンサードリンク

「しびれ」との付き合い方

しびれと共に冷えの症状がある時


しびれと同時に指先などが冷たくなると言うような症状が出る場合があります。しびれは神経が何らかの原因で圧迫されることによって出る症状です。


冷えは血管に何らかの障害がある時、血流が悪くなることによって起こるものです。 血管の障害とは動脈硬化が進行することによって血管が狭くなってしまったり、血管が炎症を起こしてしまうことを言います。


しびれの原因となる動脈硬化は、肥満や運動不足や生活習慣の乱れによって引き起こされます。 特に糖尿病を発症している人は血糖値が高くなり、血管に悪影響与え続けます。 バランスの悪い血液が流れ続けた血管内はだんだん狭くなり、それがしびれの原因となります。


血糖値が高いことで動脈硬化が進んでしまっている人は、ダイエットや運動をすることで改善することができます。


年齢を重ねるとともにふくらはぎにしびれの症状が出てくる場合があり、それは閉塞性動脈硬化症と呼ばれています。


一方、血管に炎症が出る病気には、バージャー病や膠原病などがあります。 動脈硬化と血管に炎症がある場合に起こるしびれにはほかの症状が併発します。 しびれと共に熱が出てしまったり、痛みを伴うこともあります。 さらに長時間歩き続けることが困難になる人もいます。 冷えの症状が出ている部位の色が変わる人もいるのです。


「しびれ」との付き合い方