「しびれ」との付き合い方

「しびれ」との付き合い方

大事なことは処置を急ぐべき疾患かどうかという判断です。すぐに処置をしなければいけない疾患は稀です。緊急性を要するものは1%くらいです。それが急性の麻痺です。頸髄、胸髄、腰椎、馬尾でもそうなのですが、急性の麻痺は早く処置をしなければ非可逆的になってしまいます。

サイトトップ > しびれの症状で医師の診察を受けるとき

スポンサードリンク

「しびれ」との付き合い方

しびれの症状で医師の診察を受けるとき


しびれを軽視する人が多くしびれの原因である病気の発見を遅らせてしまうことも多いようです。しびれは人によって感じ方が違ううえに、四六時中あることがほとんどなく気がつくと治っていたりします。


しびれの症状の出方がその人の判断を狂わせてしまうのでしょう。 しかし、しびれは大きな病のシグナルであることも考えられますので一度医師の診察を受けて正しい診断を受けておくべきです。 かかりつけの医師に相談するもの良い方法です。


肩こりや頭痛、腰痛が伴うしびれがある場合には整形外科の医師に診てもらう人が多いようです。 多くの人が腰椎の椎間板ヘルニアか、頸椎ヘルニアを疑うからです。 整形外科を受診すると、問診後に診察台の上でヘルニアの症状があるかを診断されます。 これはラセーグ徴候を診断するもので、ラセーグ徴候とはあおむけに寝た人が足をまっすぐ伸ばしたまま上にあげたときに感じる強い放散痛の事です。 椎間板ヘルニアの典型的な症状なのです。


さらに他の病気が隠れていないかを判断するために、筋電図検査やX線検査、加えて血液検査や尿検査をする場合もあります。 血液検査や尿検査は椎間板ヘルニアの人には異常が見られない検査なので、この検査で他の病気が発見される場合があります。


「しびれ」との付き合い方