「しびれ」との付き合い方

「しびれ」との付き合い方

大事なことは処置を急ぐべき疾患かどうかという判断です。すぐに処置をしなければいけない疾患は稀です。緊急性を要するものは1%くらいです。それが急性の麻痺です。頸髄、胸髄、腰椎、馬尾でもそうなのですが、急性の麻痺は早く処置をしなければ非可逆的になってしまいます。

サイトトップ > パニック障害としびれ

スポンサードリンク

「しびれ」との付き合い方

パニック障害としびれ


パニック障害と言う言葉をよく聞きます。決して珍しい病ではなく、2~3%の人が経験していると言われています。女性が発症していることが多い病気ですが、男性にも見られます。 パニック障害は比較的若い年齢の人に発症しています。


パニック障害はさまざまな症状が重なってあらわれる病気で、医師による診断が必要です。 手足のしびれや胸が締めつけられるような苦しさ、吐き気とめまいなどの身体的な症状と、その苦しさから自分の命が大丈夫なのかと不安に陥ってしまうのです。


パニック発作の中にはしびれなどの身体的な症状と精神的な症状で13種類あり、その中で4つ以上重なって起こり、それが繰り返されながら一定期間続くことがパニック障害の診断の決め手となります。


13種類のパニック発作のうち身体的症状である動悸・呼吸困難(窒息感)・しびれや震え・息苦しさ・吐き気・胸痛・発汗などは他の病気の症状と重なる部分が多いので、精神的な症状と合わせて診断されます。


また、精神的な症状では他の精神障害とも重なるので、うつ病などの他の病気との判別も必要です。


パニック障害は発作時のしびれや息苦しさなどの苦しみも大変ですが、発作が起こっていない時の次の発作への不安がまた精神的に追い詰めてしまうのです。 早期治療で良くなる病気ですので、すぐに診察を受けるようにしましょう。


「しびれ」との付き合い方